海外のファブリックでつくる、暖簾・のれん・no re n 

一晩中続いた大雨。昨夜は夜中までお店でゴソゴソしていましたがあまりの雨音の大きさにすっかり疲労困憊です。築年数不詳は雰囲気はあれどデメリットもあります。
雨も上がり少し冷んやりする京都・鞍馬口。
久しぶりに施工事例のご案内を。

京都御所の東側、鴨川との間に位置するイタリアン デリ&カフェ・SouZai屋様 とても可愛らしくこじんまりとしたお店ゆえの悩みからのご相談をいただき暖簾を製作。

スペインのrioma社からのコレクション「nomada」(スペイン語で遊牧民を意味する)の中からトワルドジュイ風のコットン生地をお選びくださいました。お店はイートインはもちろんテイクアウトもできるので近くの鴨川へピクニックなどもオススメできるのですが、まさにこの柄はそんな雰囲気を醸し出しています。
こちらのコレクション「nomada」は海外からのインテリアファブリックでは比較的お手頃な価格帯でクラシックでもモダンなインテリアでも合わせやすく色使いも優しいのが特徴の一つ。

 

南側の大きな窓にはシンプルにロールスクリーンを。とても寛げる穏やかな陽だまりの時間もあれば時には眩しさを感じるカウンター。完全に遮光せず生地を通しての柔らかなグレー色も彩り豊かなデリをさらに引き立てます。

SouZai屋 京都市上京区宮垣町80 ラヴァリエ1F
http://souzaicafe.com/ 075-754-8459

デリとワインを持ってピクニックに行きたい私、、、、、近いうちに必ず。

 

余りに寒さが厳しくて 続き

京都・鞍馬口の昨日今日と日中は比較的過ごしやすいお天気です。
特に昨日は寺社仏閣の多い京都市内も至る所で節分のイベントでお出かけになられた方も多いでしょう。
仁屋 空間の近くにも御霊神社がありまして毎年恒例の豆まき神事があり盛大にお火炊きもあり賑わっていました。
でも朝晩はまだまだ油断大敵です。日暮れと同時にお店の土間から冷気が入ってあっという間に凍えます。

そこで対策。その1は先日のブログでもお伝えしたビニールカーテン。見栄えはともかくご来店いただいた方にお風邪を召されるのは申し訳ありませんから。

その2。裏口にもビニールカーテンと断熱効果の高い窓装飾といえばハニカムスクリーンです。窓辺の防寒対策として布1枚あるだけでも体感温度は変わりますが布2枚、そして2枚の間に中空層を設けることによって窓からの熱貫流というエネルギーの逃げ道を塞ぐことで寒くなりにくくなります。

結果、だいぶ良くなりました\(^o^)/

このハニカムスクリーンは色数も豊富で当店のような町家だけでなく今どきのお家にもコーディネートしやすく、何より断熱効果はロールスクリーンやプリーツスクリーンよりも優れています。
近日、当店入り口横の窓に展示します。
入荷しましたらまたこのページでお知らせしますね。

なにはともあれ先ずは実験その1でした。

商品のお問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ。

追記、明日2月5日(日)の営業時間は都合により
10:00〜12:00 と 17:00〜19:00 のオープンとなります。
どうぞよろしくお願いします。

余りに寒さが厳しくて

京都・鞍馬口の今日。きのうまでから一変、本来の寒さに戻っています。
昨日は少し暖かな曇り空、時折ザーっと小雨?とやや強めの風が吹き付けるも隙間風の多い店内でも過ごしやすかったのですが今朝からは再び寒さとの戦いです。笑

京町家だから仕方ありませんが店が寒いなんて言ったらお客様の足は遠のくのでしょうが事実ゆえあえて告知します。
「ご来店の際はくれぐれも暖かい服装で、防寒仕様でお越しください!」(T ^ T)

わたくし、寒さは超苦手なんです。常識的な暑さなら大丈夫ですが寒さだけは耐えられません。営業2日目にして光熱費の心配が頭をよぎります。なんとかせねば、、。

仁屋 空間はヴィンテージ家具だけの店ではありません!このサイトのWORKSをご覧ください!!カーテンをはじめとする窓装飾も生業です。もうこれは店を実験台にすると決めました。笑

と、いうわけで店の入り口と裏口にビニールカーテンを取り付けることを決意し
営業時間入ってからカーテンレールの施工を始めました(普通は営業時間外でするべきでしょうが動かないと寒い。死ぬぅ。)
あっという間に終わるも肝心のカーテンは後日、、、しばらくは寒さとの戦いです。

窓からの寒気にお悩みありましたらご相談くださいね。簡単にビニールカーテン、、、いや、ここは布のカーテンやハニカムスクリーンをご案内いたします。笑笑